2014.02.03 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.02.03 Monday

    この作品のどこにこんなにも魅了されるのか?「砂の中の扉」ロジャー・ゼラズニイ

    0
      前回の記事から随分間が空いてしまったのはいつものこと(苦笑)全く唐突なんですが、最近映画『エンダーのゲーム』を見てきました。どこをどう巡ったのか、私の脳内でこの作品を再び読みたい!という欲求がむくむくと湧き上がり、ここに至るわけです。多分順番としてはエンダーのゲームが読みたくて、本当は原作を買うまたは借りるつもりだった→ハインラインの宇宙の戦士を思い出すなぁ→ハインラインといえばやっぱ月は無慈悲な夜の女王だよな→そういえばハインラインの異星の客ってあんまり内容を覚えてないな→異星人といえばゼラズニイの風変わりな作品があったっけ、つまり砂の中の扉。まあ、言葉で表せばこんな感じですね(笑)
      一体何度目の再読になるのか自分でも覚えておりません(笑)最初に読んだのは確か高校生くらいだったかな? この作品の何が(どこが)自分をこんなにも虜にするのか?
      この作品の前は東野圭吾氏の『プラチナデータ』を読んでいました。設定やストーリー展開等は面白かったのですが、文章がちょっと好みではない気がして、いささかもやもやとした気分でした。そんなこともあってお気に入りの蔵書を紐解くことを思いついたわけです。
      読んでみてまず思ったのは、「思っていた以上にゼラズニイの影響を受けている」ということですかね(笑)文章とか言葉の使い方とか。自作『放浪者』でフラッシュバックを取り入れてみたのは、もう正に『砂の中の扉』の手法ですね(笑)それを言えば、ディンカム・シンカーはハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』そのものなんですが、記録的な意味合いとしては『砂の〜』のスペイクスっぽいところもあるし……。
      主人公フレッド・キャシディが魅力的で非常にそそられる存在です。美形とかイケメンとかではなく(容姿の描写はほとんどないはず)その考え方や行動が、です。彼の担当教官の中には彼を怠け者の鼻持ちならない奴と決めかかる人もいますが、フレッドという人物は実に知識欲は旺盛で、流石に13年も様々な教科を点々としただけあって、実に色んなことを知っているし、役立てることができるのです。
      たまに旺盛な好奇心が彼をピンチに陥れたりするのですが、それもただならぬ彼の運と人脈によって救われたりするのも面白いです。
      一番興味深いのは、異星人と出会って、地球人はかなり発展途上の位置にあり、必ずしも天辺にいるわけではなく、また、似たような異星の輩も多いという設定でしたね。異星との出会いが嬉しくもあり、ちょっぴり悔しくもある。そんなことをフレッドがうまく表現してくれています。
      そして、地球人よりははるかに進んでいるはずの異星の友人たちですら、何に使うのかわからないスター・ストーンと何のために存在するのかよくわからないレニウス機(N軸反転ユニット=左右や裏表などを反転させてしまう機械)という存在が興味深いのです。「そんなに進んでいる君たちですらこれがなんなのかわからないの?」って感じでね(笑)
      悲しいかな、この書は既に絶版になって久しいので、おまけに図書館に置いてあるような感じもしないので、気軽に「興味があったら読んでみてね」なんて言えません(涙)
      それでも、正統派主人公(?)つまり、正義感に燃え、他の見本となるような人物では決してありえないフレッド・キャシディ君にお目にかかれることがあるようなら、是非一度手を伸ばしてみて下さい。
       
      2013.09.13 Friday

      ため息もののかっこよさ『宇宙海賊キャプテンハーロック』

      0
         随分随分ご無沙汰してます(汗)
        この夏は声優目指して勉強している娘の影響もあり、映画を見まくりでした(笑)
        さて、私の中では究極の憧れ、ハーロックを見てきました!!!
        正直言って、あまり期待はしていませんでした。まず声優さんが俳優さんだし(今までこれでいい作品のお目にかかったことがない)、フルCGだし、ストーリーが原作とは違いそうだし……。
        でも、予告編のかっこよさに惹かれ、内心(まあ、コケてもいいか)って感じで見てきました。
        ああーーーーっ、ハーロックってやっぱりかっこいい〜〜!!
        って感じでした!(ミーハーですみません)
        ストーリーとかつっこみどころもありますが、途中ちょっと退屈〜って感じとのところもありますが、そんなことはどうでもいいくらい、ハーロックがかっこよかった〜〜! これはもう、彼のかっこよさを堪能するための作品ですね。
        難を言えばやはり声優さんでしょうか。ただ、お馴染みのハーロックを演じてきた声優さんでは違和感が出ると思いました。それよりも、もうちょっとセクシーボイスがよかったかなぁ(笑)と……。ストイックでダークな感じではありましたが、もう少しその中に色艶があると、彼のかっこよさが引き立つんじゃないかなぁ〜(笑)だいぶ私の好みが入っていますけどね。
        本音を言えば、CGではない方が良かったのですが、ハーロックがかっこよかったのでOKですね。
        あと、ケイがよかった〜〜かっこよかったし、かわいかったし。アニメのケイはあまり好きな方ではなかったのですが、今回はよかった! 役どころもよかったし、あまり色恋が入ってないところもよかったです。
        もう一回見に行こうかな〜って思いましたね!
        とにかくとにかくハーロックがかっこいい! ヤマを助けに行くシーンなんて悶死するかと思いました!
        できればマントを取った姿も見たかったです!
        2012.08.27 Monday

        エキセントリックな天才『SHERLOCK』

        0
          評価:
          ---
          角川書店
          ¥ 7,463
          (2012-07-06)
          コメント:エキセントリックなシャーロックがとっても魅力的。原作の魅力を損なうことなく現代に活躍する天才シャーロックを描いています。

          このコーナーも随分ご無沙汰してしまいました。
          今日紹介するのは、イギリスBBC放送製作の現代版シャーロック・ホームズです。
          今までこの手の作品って、正直あまりいいイメージがなかったのですが、TV放送のCMを見て非常に面白そうだったので、レンタル店を回ってDVDを借りてしまいました。
          今までホームズはやはり、グラナダTV製作のジェレミー・ブレッド版が一番しっくり来るなぁ〜と思っていましたが、現代に生きるシャーロックにすっかりやられてしまいまいした。
          観察と推理に関しては天才だが、社会適合性はゼロといっていいシャーロック。煙草の替わりにニコチンパッチでニコチンを摂取し、灰色の脳細胞を活性化させる姿は何とも面白かったです。
          ワトソン医師とのコンビもなかなか。最初「ちょっとシャーロック若すぎない?」と思いましたが、見始めたらそんな違和感は全くありません。ちょっとビミョーな雰囲気たまらなく、腐女子心をくすぐります(笑)
          実は私はなんと小学生の頃からシャーロック・ホームズのファンでした(笑)一時期シャーロッキアンを気取っていたこともあります(ホントかよ……)
          恥ずかしながら、原作を読んだのはかなり昔(小・中学生の頃?)内容もうろ覚えだったり、全作品を読んだわけではありません。それでも、このドラマは原作を知らなくても十分楽しめますし、逆に知っているからつまらなく感じるようなことは決してありません。
          先日見た映画版『シャーロック・ホームズ』より断然好みです!
          ホームズ役のベネディクト・カンバーバッチが天才・変人・生意気な若造シャーロックを見事に演じています。エキセントリックでストイックな感じがすごく好きです〜〜
          まだ1話しか見てませんが、他の作品も非常に楽しみです。
          2010.09.10 Friday

          カッコイイ高校生『BLEACH』

          0
            今更ですが、それぞれのキャラがたっていて、また、それだけでなくそれぞれのキャラにドラマがあって厚みを感じさせるコミック『BLEACH』
            集英社のご多分に漏れず、かなりの巻数を重ねていますが、それでも尚面白いと思います。
            お気に入りのキャラも多く「誰が一番?」という質問には未だに悩みます(笑)白哉や斬月、日番谷にグリムジョー、ウルキオラや浮竹、夜一、マユリ(笑)……数え上げたらきりがありません。
            突然ですが、娘が高校生になって、主人公黒崎一護と同じ歳になり、毎日のように学校へ送り迎えをしていると改めて思います。
            「一護ってカッコイイ……」(爆)
            娘も言っています。「イマドキあんな男前の男子校生おらん」(容姿のことだけでなく、性格も)「自分が高校生になって改めて、一護ってカッコイイと思った」そうです。
            ちなみにそういう彼女はウルキオラのファンです(笑)
            本当、性格も男前だし、一本筋が通っていてカッコイイと思いますよ。惚れ惚れします。
            連載の方は新たな展開を見せ、目が放せません。毎週のように次号が楽しみです。改めて久保先生の凄さを感じました。 -----
            2010.07.23 Friday

            リアルバレエマンガ『舞姫テレプシコーラ』山岸涼子

            0
              やはり私たちの世代ですと、バレエマンガといえば山岸涼子女史の名前がすぐに浮かびます。
              特に伝説的な『アラベスク』は未だにファンが多く、実を言えば連載当時より今のほうがこの作品のよさがわかってきたような気がしています。
              『アラベスク』は旧ソ連を舞台とした作品ですが、現在連載中の『舞姫テレプシコーラ』は現在の日本のバレエ事情どころか、舞台裏までも描いたリアルな作品です。
              拒食症に虐めや自殺、貧困のために児童ポ〇ノへ我が子を出演させてお金を稼ぐ母親等、暗くぞっとするエピソードも含まれています。
              それでも、いえ、光の当たる部分だけではない所を描いているからこそ、この作品には現実味があり、物語は深みを増し、読者の共感を得るのだと思います。
              作中では主人公がローザンヌコンクールに挑戦していますが、予選を通過し決選まできたものの、体調不良で棄権……都合よくはいかないものです。
              実は今日最新刊を読んだばかりなのですが、ローザンヌコンクールはまだまだ続いています。この調子だともう一波乱も二波乱もありそうな予感……読んだばかりだというのにもう次の巻が待ち遠しいです。
              実はつい昨日『アラベスク』を読んだばかりです。同じ作家で同じバレエというジャンルですが、こうも違うのに驚きました。確かに前作からはかなりの年月が経っていますけどね。
              とにかく今イチオシの作品をと言われたら、迷わずこの『舞姫テレプシコーラ』を挙げます! -----
              2008.12.08 Monday

              二重人格万歳!『ガンダムOO』

              0
                ハレルヤお帰り!!待ってたよ〜〜(爆)
                セカンドシーズンになってからというもの、大人しくなって、彼女が出来て、すっかりヘタレてしまっていたアレルヤでしたが(笑)とうとうハレルヤ復活で、また危ないにーちゃんに逆戻りしてしまいました。よっ、それでこそアレルヤ! やっぱり彼はこうでなくっちゃ!(爆)
                色々あちこち様々な伏線が張られたり、思わせぶりな設定だったりしてますが、ちゃんと最後に収集してくださいね。ファーストシーズンのように、最後にばたばたと……ってぇのは止めにして欲しいものです(苦笑)
                それにしても、今回はハレルヤ復活で、テレビの前で狂喜乱舞してました。今ひとつ萌え要素が足りなかったのですが、これで楽しみが増えました(笑)
                あと、もうひとつ気になるのがティエリアですね。何か性別が怪しい……(それこそ考えすぎ?)
                でも、性別を越えるのも萌え要素なんだよね……(趣味に走りすぎっ)
                とにかく、ハレルヤ復活万歳! -----
                2008.10.12 Sunday

                始まりました『ガンダムOO』

                0
                  いきなり腐女子的発言でごめんなさい〜(最初に謝るってどうよっ)
                  拘束されて監禁されてるアレルヤ君に萌えを感じる自分って……
                  それから、ウチではティエリア・ヒロイン説が浮上してます(笑)腐女子が喜びそうな雰囲気が……(こればっか……)
                  刹那も結構好みに育ってくれて嬉しいですね〜
                  次回はアレルヤ君奪還作戦! 1stシーズンで見せた二重人格がどうなったかは不明ですが、オッドアイは健在で嬉しいです。次回が楽しみです〜
                  久しぶりの更新で、こんな感想でごめんなさい〜〜(大汗) -----
                  2008.05.25 Sunday

                  魂の共鳴『SOULEATER』

                  0
                    アニメ版の放映が始まっています。実はあんまり期待していなかったのですが(失礼)面白い!動きが加わってとても迫力&見ごたえがあります。
                    ちょっとソウルがかっこよすぎるかな?って感じもしますが……それに、魔鎌(ソウル)を振り回すマカちゃんが非常にかっこいいです!!アクションは大迫力です〜。
                    あと、キッドくんもかっこいいですね〜オープニングはTMレボリューションでノリがよく絵も曲と共鳴していて楽しめます。
                    とうとうクロナがでて来て、ちょっとエグイ内容になってきましたが、ダークでクレイジーな感じも損なっていません。
                    この調子を持続していって欲しいですね。 -----
                    2008.05.11 Sunday

                    明るく前向きに『ポケットモンスター』

                    0
                      確か去年10周年だったような……元々はRPGゲームから始まったポケモンですが、我が家では娘がまだ保育園の頃から見ていて、高校生になった現在でも楽しんでます。私は見たり見なかったりですが、最近の放送を見て久しぶりにわくわくしました。
                      ジム戦をしたり、色んな人やポケモンと出会ったり、困難に立ち向かったり……お約束的な展開ですが、明るく前向きに突き進む主人公サトシは好感が持てますし、失敗したり落ち込んだり、決してかっこいいばかりではないところも、人気の一つだと思います。
                      最近は冷めた考え方をする人が増えていますが、優しさや頑張る気持ちを忘れないで欲しいというメッセージを、一人でも多くの人たちに受け取ってもらいたいと思えるアニメです。
                      また、数多く製作された劇場版は物凄く美しい映像が数多くあります。何作かは劇場で見ましたが、大変見ごたえのある、また心に響く内容となっています。
                      私のお薦め劇場版は『水の都の護り神』『波動の勇者』ですね。どの作品も親子で楽しめる内容になっています。 -----
                      2008.05.01 Thursday

                      高杉に嵌ってます『銀魂』

                      0
                        ミーハー感想でごめんなさい〜
                        紅桜編で高杉さんに嵌って、現在放送中の新撰組動乱編(だったかな?)の今日の放送にチラ出してた高杉さんに萌えてます(笑)
                        片目、煙管、気だるそうな物腰、イっちゃった性格……私の萌え要素がふんだんに散りばめられた人です〜〜あれで眼帯だったら……と思うと……(涎)
                        今日の放送は土方や銀さんもとてもかっこよくて、なかなかオイシイ回でした♪いえ、銀さんも好きです。あのやる気のなさそうなところが……土方さんもあの咥え煙草がいいです……
                        高杉さんのキャラに子安さんの声がぴったり合っていて、物腰にも色気がありますが、声もセクシーです。
                        内容には触れませんでしたが(苦笑)あまり出番のない高杉さんが出て来て、ちょっと興奮気味です。とにかく高杉さんにぞっこんです。もっと出て来て欲しいです〜〜 -----
                        Calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << January 2017 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM